読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

マット・デイモンは火星の生活をエンジョイ! 「オデッセイ」 レビュー

何かと話題の「オデッセイ」を観てきました。

「ザ・ウォーク」をIMAXシアターで観て以来、臨場感たっぷりのIMAXにどっぷりとハマってしまって、再びIMAXシアターに乗り込んできました。

 

IMAXについてはこちら 

www.taroshi.com

 

あらすじ

主人公はマット・デイモン演じる宇宙飛行士のマーク・ワトニーです。

マークは仲間の宇宙飛行士と共に火星に降り立ち、様々な調査をする任務についていました。順調に調査が進む中、突然の嵐に見舞われたクルー達は任務を中止し、帰還する事になります。

 

帰還の為、嵐の中をロケットに向かう途中、マークは吹き飛んできたアンテナに衝突して吹き飛ばされてしまいます。マークと連絡が取れなくなった他のクルー達は、全員が脱出する事が出来なくなる危険は冒せないと判断し、マークを残したままロケットに乗り込み、火星を出発してしまいます。

 

しかし、奇跡的にマークは生きており、次の有人探査機が来る4年後まで一人生き抜くことを決意します。

だが、もともと短期滞在用の資材と食料しかない中での生活になり、科学力と知恵と工夫を最大限駆使して、火星の環境と悪戦苦闘していくことになります。

 

その後、マークの生存を知ったNASAや仲間のクルー達は、何とか救出する為に資材と食料が尽きる前に火星に戻ろうと奔走します。

 

はたして、マークは無事生還できるのか? といったお話です。

 

【レビュー】

やっぱりIMAXシアターはいいですね。しかも、3Dは迫力満点で本当に火星にいるような感覚で、映画の中に没頭できます。

観るならやっぱりIMAXの3Dが絶対おすすめ!

 

ストーリーの方も秀逸です。一人頑張り生還系としては、ゼログラビティとちょっと似てますかね。

 

 でも、オデッセイの方が僕は好きです。ボーンシリーズからマット・デイモンが好きな事もありますけど、彼の演じるマークが素晴らしい!

 

一人になって落ち込む場面もありますが、悲壮感は全くなく、明るくポジティブで絶対に生き残ってやるんだという雰囲気が伝わってきます。その雰囲気に見てる側も巻き込まれてしまい、マーク頑張れ!マーク負けるな!と一緒に一喜一憂出来るんです。

 

食糧に限りがあるので、火星で有機栽培を始めるのですが、自分達の糞尿を使って良い土作りから始める姿はDASH村を見ているような気持ちで、良い芽がでると良いなぁと自然に思えてしまいます。

 

一人、火星で奮闘するというシーンが多いので、マット・デイモンの一人芝居も必然的に多くなりますので、全体を通して彼の映画だと言えるんじゃないでしょうか。

 

あの観客をも巻き込む演技は本当に素晴らしかったです。

 

映像も素晴らしい

その演技をさらに素晴らしく感じさせてくれるのが映像と宇宙服や機材などの小道具ですね。

さすがNASA全面協力だけあって臨場感たっぷりで、観ているだけで火星体験が出来る感じです。

 

最後の火星から脱出するシーンではドキドキもありますし、嫌な気分になる所がなく、全編通してエンターテイメントしてる映画です。

 

これから観る人は、出来ればIMAX3Dで観た方がいいですけど、2Dでもレンタルでも、何でも楽しめると思える素晴らしい作品でした。

 

 

 レビュー俳句

「とてもいい

    演技で感動

        いい気分」

見終わった後はなんかいい気分になりました。

 

マッド・デイモンの新作はコチラ

www.taroshi.com

広告を非表示にする