最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

イニシエーションラブのネタバレは見ないで謎解きした方がいい

「最後の5分で全てが覆る、あなたは必ず2回観る」と「映像化不可能」の売りで話題だったイニシエーションラブを、2回も観てたまるか!と言う思いで借りてみました。
 

 

あらすじ

イニシエーションラブはside-Aと呼ばれる前半とside-Bと呼ばれる後半に別れています。
 
物語の舞台は80年代、ぽっちゃりオタク大学生の鈴木が合コンに誘われるところから始まります。
 
鈴木はそれまで合コンとかそんなの誘われた事ないんで、喜んで馳せ参じる訳ですね。その合コンで出会ったのが前田敦子演じる繭子なんです。
 
鈴木は一目惚れして、繭子も純朴な鈴木に興味を抱いてお互い接近していきます。
 
それまで、女子とほとんど話した事もなかった鈴木は繭子に気に入られようと髪型や服装に気をつかうようになって頑張っていくというお話です。
 
ここまでがside-Aと言われる前半部分でこの後、松田翔太が出てくるside-Bへと入って行き、最後の5分で全てが覆るとなっていく訳です。
 
 

【レビュー】

もうネタバレは色々なブログやサイトで書いてあるあるし、僕だけが隠しながら書いてもしょうがないので、これを読む人は全部知ってる「てい」で書きますね。
 
僕は原作も読んだ事がないし、ネタバレも見ずに事前情報無しの状態でみました。
 
でも、予告とかCMは目にした事があったので、最後の5分で全てが覆るとかは知ってましたし、なんとなく最後に何かあるんだろうなと思いながら見てました。
 
なので、映画の3分の2ぐらいまで見た時に、前田敦子は実は鈴木の妄想が生み出した幻なんじゃないか、そんな人はいなかったってオチじゃないかなぁ、とかそんな事を考えていました。
 
と言うのも、前田敦子の演技がやはり評判通りよろしくなかったです。前田敦子の演技はネットで叩かれたりしてたので、今まで出ているものは極力避けてきており、ほとんど初めて見ました。
 

前田敦子の演技は・・・

僕は役者でもないし素人なんで、演技の事は何にも分からないですが、やはりしっくりこなかったです。特段下手だなとかはなかったと思いますが、なんだろなぁ、声とかかなぁ。僕にはあいませんでした。
 
映画になると周りが上手い人だらけだと言うのもあると思いますし、side-Aの鈴木の役の森田甘路(もりた かんろ)もside-Bの鈴木である松田翔太も演技が上手いんです。
 
その他の周りを固める人たちも上手い。木梨憲武だけは何故出てたのか意味が分からなかったですけど。
 
そんなこんなで、最後の5分にどんでん返しがある事を意識しながら見ていたからなのか、前田敦子の演技がそうさせるのかは分かりませんが、彼女が演じる繭子が幻か、もしくは幽霊なんじゃないかって思って見てました。
 
そう思ってしまうくらい前田敦子の演技は浮いてました。幽霊も浮くものだしそうかなぁって、ばかやろー
 
それから、また前田敦子がらみで申し訳ないんですが、えこひいきが目立っていたのがちょっと嫌でしたね。
 
松田翔太とは激しいキスシーンやベットシーンもこなしていたのに、森田甘路とは唇と唇がちょこっと触れるだけのフレンチキス一回だけでした。
 
同じ鈴木役を演じていたのにこの差は何なのか?松田翔太だけえこひいきされて、とても可哀想です。
 
ま、同じ鈴木役と言っても別人だったと言うオチなので、その扱いの違いも伏線なのかも知れませんが、ちょっと可哀想過ぎます。
 
僕が森田甘路なら怒っちゃいますね、松田翔太は前田敦子とベットシーンとかキスとか抱きついたり、おんぶしたり色々してるのに、俺はフレンチキスのみかよ!差があり過ぎる!なんて日だ!!と森田甘路が言ったかどうかは分かりませんが、そう思ってるはずです。
 
前田敦子が森田甘路とはベットシーンしないと断ったのか事務所なのか、はたまた監督なのか、いずれにしても可哀想過ぎます。
 
森田甘路にもベットシーンやせてやってよ〜〜
 
 

ストーリーは申し分ない

とは言えストーリーは完璧です。原作がしっかりしているし伏線も散りばめられているので、確かに2回観たくなる感じはあります。
 
2回も観てたまるか!と意気込んではいましたが、正直2回観ました。
「あぁ、なるほど」ここかとか色々思いながら観れるので楽しいです。制作サイドにしてやられましたね。思い通りです。
 
しかし、2回観ても木梨憲武の意味は分かりませんが。
 
後は、音楽が結構イイですね。当時の流行歌が所々でバックミュージックとしてかかります。
 
80年代にはあまり詳しくはないんですが、聞いた事のある曲もあるし、ルビーの指環がかかったときは口ずさんでしまいました。これも制作サイドの思惑通りでしょうね。
 
総じて、えこひいきと前田敦子の演技と言う問題点はありますが、2回観るくらい楽しめました。
これから観る人も、ネタバレなしで観てくださいね。僕がネタバレしておいてなんですが。
 
 

レビュー俳句

「えこひいき
            森田甘路は
                       怒ってる!」
はずです。ひいきはいかん!!
広告を非表示にする