最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

映画「オーバー・フェンス」主演キャストも原作小説家も切な過ぎるゼ

映画「オーバー・フェンス」の画像

(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

 

美しく、そして儚い大人のラブストーリーを描く、映画「オーバー・フェンス」を凄く観たいと思いました。

 

この映画を取り巻く環境がすでに切なくて、頑張って欲しいなと思える作品なんです。

そこで、応援する意味も込めて記事にしてみました。

 

まずは映画「オーバー・フェンス」のあらすじと予告

 仕事に明け暮れ、家庭を顧みずに働いた結果、妻に見限られた男・白岩(オダギリジョー)が主人公です。

 

その後、白岩は東京を離れると、故郷の函館に戻り、一人アパートを借りて職業訓練校に通う日々を淡々と送っていた。

 

実家にも顔を出さず、失業保険で暮らしながら、毎日部屋でコンビニ弁当と2本の缶ビールを飲む暮らしでした。

 

そんな暮らしを送っていたある日、同じ訓練校に通う代島(松田翔太)に誘われて行ったキャバクラで、鳥になりたいと願う風変わりなホステス・田村聡(蒼井優)に出会います。

 

美しくもどこか危うげな雰囲気の聡に、白岩は急速に惹かれていき関係を持つようになります。

 

果たして、白岩と聡はどんな結末を迎えるのか? と言ったお話です。

 

 

キャスト

オダギリジョー

蒼井優

松田翔太

北村有起哉

満島真之助

松澤匠

鈴木常吉

優香

 

演技派が顔を揃える期待のキャスト陣ですよね。

 

静かで、見応えのある映画は割と好きなので、キャストとあらすじを見ているだけで儚く、切ない感じが伝わってきて泣けてきます。

 

不遇の作家・佐藤泰志

この映画の原作「オーバー・フェンス」は、不遇の作家と言われる佐藤泰志の「黄金の服」に収録されています。

 

原作者の佐藤泰志は、 村上春樹や中上健次などといった著名な作家と並び称され、芥川賞や三島由紀夫賞の候補に6度も挙がりながら賞を獲るに至らず、不遇の作家と言われていました。

 

そして、最後には自らその命を絶つという、その経歴自体が小説になるような人生を送りました。

 

しかし、そんな不遇の作家・佐藤泰志の小説にも光が当たりはじめ、近年映画化の波が来ているのです。

 

2010年に「海炭市叙景」が公開され、2014年には「そこのみにて光輝く」が公開されました。

 

そして、2016年「オーバー・フェンス」が公開されます。

この三作品は函館三部作と言われています。

 

不遇だった人生を取り戻すように光が当たり始めた作品たち、この切なさは応援したくなりますよね。

 

苦悩の中挑んだオダギリジョー

主演のオダギリジョーに関しても、切ないけど頑張ってほしい状況があったんです。

 

2012年に主演したドラマ「家族のうた」が、ゴールデンタイムにも関わらず、平均視聴率3.1%という深夜番組並みの数字を叩き出し、打ち切りとなりました。

 

それ以来、視聴率の取れない俳優と言われてしまいました。

 

さらに、私生活でも2015年に1歳の次男を亡くし、俳優復帰も危ぶまれる中、「オーバー・フェンス」の撮影に挑み、やり遂げたのです。

 

書いてて泣けてくるような切なさです。

 

こんなに切ない状況がそろう中作られた映画「オーバー・フェンス」が駄作の訳がないんです。

 

なんとなく応援したくなりますよね。

皆さんも劇場に足を運んで鑑賞しましょう! 

 

公開日

映画「オーバー・フェンス」は2016年9月17日からテアトル新宿ほか全国で公開です。

 

佐藤泰志著 黄金の服(オーバー・フェンス収録)

広告を非表示にする