読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

海外ドラマ「アウトキャスト」第七話。街にはびこる悪霊が怖い。

TOP-海外ドラマ

アウトキャストの画像

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2016 BS-FOX

 

前回、シドニーに襲われてしまったアンダーソン牧師。

今回からの逆襲はあるんでしょうか。

 

それから、マークの件でメーガンを脅すドニーはどう出てくるのか?

気になりますね。

 

各話レビューとネタバレ

アウトキャスト第一話はコチラから

アウトキャスト第二話はコチラから

アウトキャスト第三話はコチラから

アウトキャスト第四話はコチラから

アウトキャスト第五話はコチラから

アウトキャスト第六話はコチラから

アウトキャスト第七話はコチラから

アウトキャスト第八話はコチラから

アウトキャスト第九話はコチラから

アウトキャスト最終回はコチラから

 

アウトキャスト第七話のあらすじ

 アンダーソン牧師の胸に五芒星の傷をつけたシドニーが帰った後、ガイルズ署長が訪ねて来ます。

 

何も知らない署長は、いつものようにポーカーをやろうと思い、教会にやって来たのでした。

 

気分が悪いと追い返そうとするアンダーソン牧師でしたが、何か悟られてはマズいとポーカーをする事にしました。

 

そして、いつものメンバーが揃うとポーカーが始まりますが、メンバーの中にはトレーラー放火の実行犯である、あのオグデンもいるのです。

 

何気ない話を装いながらガイルズ署長は、オグデンに放火の件を詰め寄りました。

 

すると、怒ったオグデンはガイルズ署長に掴みかかりケンカとなってしまいます。

 

その後、ポーカーはお開きになりましたが、様子のおかしいアンダーソン牧師を心配したガイルズ署長は、残って話を聞く事にしました。

 

話を聞いたガイルズ署長は、シドニーを逮捕すると息巻いていますが、アンダーソン牧師は暗闇から引きずり出し、正体を暴くと言います。

 

そんな中、町では29名の犠牲者を出した炭鉱事故の追悼式が開かれようとしています。

 

カイルは、かつてその炭鉱で働いていましたが、ラスと言う同僚にシフトを代わってもらい、事無きを得ました。

 

しかし、当時の事を思い出してみると、シフトを代わってもらったカイルがラスと握手をした際に、焼けるような音がし、ラスは手を痛がっていたのです。

 

それは、悪霊に取り憑かれた者と同じ反応でした。

 

そんなカイルの元にガイルズ署長があらわれます。

ガイルズ署長は、カイルが悪霊に取り憑かれた者を見抜く事が出来る事を聞きつけて、取り憑かれているかどうか調べて欲しい人間がいると言います。

 

そう、オグデンの事です。

 

果たして、オグデンは悪霊に取り憑かれているのか?  アンダーソン牧師の言うシドニーの正体を暴く方法とは何なのか?  と言ったお話です。

 

アウトキャスト第七話のレビュー(ネタバレあり)

今回の話の中で一番気になったのはラスという、死んだカイルの元同僚ですね。

 

カイルが触れた時の反応は、悪霊に取り憑かれた者のそれでしたから、取り憑かれているのは間違いないですが、事故を引き起こす程の力があったのでしょうか。

 

たまたまでしょうか。気になります。

 

追悼式には、消防署長のオグデンも来ていて、その時にカイルが握手をして調べたんですが、彼は白でした。

 

トレーラーを何故燃やしたのか気になるところですが、この問題も次回以降に持ち越しですね。

 

その追悼式でロウソクを参加者に手渡す係をしていたおばちゃんが、カイルに渡す時にジュッ!と例の反応をしていて、その場から逃げて行きました。

 

取り憑かれている奴がそこら中にいるのかと思わせる場面でしたね。

 

この町の悪霊の蔓延はとどまる事をしらないみたいです。

 

そして、我らがメーガンはと言うと、マークがドニーをぶっ飛ばした件をとにかく解決しようと、ドニーになけなしのお金を全部渡したんです。

 

けど、聞く耳を持たないドニーは、弁護士を使ってマークを訴え、停職へと追い込みました。

 

レイプ魔で、恐喝犯なのに訴えて来るとは、何ともアメリカらしいですが、憎たらしい。

 

その事でメーガンとマークはケンカしちゃうし、可哀想でならないですね。

 

悪霊とのバトルは無かったですが、カイルの周りも騒がしくなって来ました。

 

カイルの娘のアンバーは、別居中の妻アリソンと暮らしていたのに、アリソンが取り憑かれていた事を理解していて、アリソンとの間に壁を作っているんです。

 

首を絞められたのも覚えているし、口から悪霊が出て行くとこも見て、覚えていると言うんじゃ仕方がないですけどね。怖いもの。

 

それに気づいたアリソンは、アンバーをカイルに託してどっか行っちゃいました。

 

今まで孤独に戦ってきたカイルでしたが、アンバーを抱っこした姿を見ていると、サラリーマン金太郎みたいに子供の世話しながら戦うのかなとか、ちょっと心配になりました。

 

あ、そうそう。

アンダーソン牧師の「暗闇からシドニーを引きずり出して正体を暴く」作戦は、何となく失敗ですね。

アレは。

 

追悼式の時に皆んなの前で、胸の傷を見せて、これはこいつがやった、悪魔なんだと叫ぶだけでした。

 

町のみんなが、しら〜っとした引いた目でアンダーソン牧師を見ていたので、逆効果だったんじゃないかと思います。

 

いろいろと事件が起きた回でした。

 

レビュー俳句

「牧師さん

              もっと良い案

                                無かったの?」

アンダーソン牧師が滑稽に見えました。

もっと頭使った作戦を考えられなかったのかと思うと悲しいです。

 

第八話はコチラ

www.taroshi.com

第九話はコチラ

www.taroshi.com

最終回はコチラから

www.taroshi.com

 

カイル役のパトリック・フュジット主演 

広告を非表示にする