最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

「アウトキャスト」最終回。悪魔祓いの親子共演など見どころ満載!

海外ドラマ「アウトキャスト」の画像

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2016 BS-FOX

メーガンがまさかの悪霊取り憑かれを起こし、夫のマークを手にかけてしまってからどうなったのか?

 

気になる最終回です。

色々と解決してない問題もたくさんあるですが、今回で解決するんでしょうか?

 

各話レビューとネタバレ

アウトキャスト第一話はコチラから

アウトキャスト第二話はコチラから

アウトキャスト第三話はコチラから

アウトキャスト第四話はコチラから

アウトキャスト第五話はコチラから

アウトキャスト第六話はコチラから

アウトキャスト第七話はコチラから

アウトキャスト第八話はコチラから

アウトキャスト第九話はコチラから

アウトキャスト最終回はコチラから

 

アウトキャスト最終回のあらすじ

アンバーから電話が入り、メーガンが悪霊に取り憑かれた事を知ったカイルとアンダーソン牧師は、急いでメーガンの家に駆けつけますが、そこにメーガンの姿はありませんでした。

 

家にいたのは、アンバーとメーガンの娘のホリー、そして、殺されたメーガンの夫であるマークだけでした。

 

この緊急事態に、アンダーソン牧師はガイルズ署長に助けを求める為、署長の家に向かいます。

 

署長に、メーガンが取り憑かれた事、マークが殺された事を話し、事件を事故として処理してほしいと頼みます。

 

事件を揉み消す事に難色を示すガイルズ署長でしたが、カイルとアンダーソン牧師は、とりあえず子供達をガイルズ署長の妻・ローズに預けて、メーガンを探しに行くのでした。

 

家から出たメーガンは、町をさまよい、カイルの家へとやって来ていました。

そこでシドニーに見つかり、キャットとオグデンが潜伏する町の使われなくなった洋品店に連れて行かれてしまいます。

 

洋品店には、もう1人悪霊に取り憑かれた町の住人がおり、キャットが面倒をみていました。

 

一方で、子供達を預けたガイルズ署長の家に、パトリシアの息子・アーロンが押し入り、アンバーをさらってシドニーに引き渡してしまいます。

 

果たして、カイルはアンバーとメーガンを救えるのか?  と言ったお話です。

 

アウトキャスト最終回のレビュー(ネタバレあり)

最終回だけあって見応えがありました。

いつもは、ゆっくりとしか物語が進行しないんですが、今回はスピーディな展開にハラハラとドキドキもあって、やっぱり最終回だなと、一番楽しめた回でしたね。

 

まずは、メーガンが正気に戻ってくれて、我々メーガンファンとしては安心しました。

 

メーガンもアンバーもシドニーに捕まってしまって、それをエサにカイルまで捕まってしまったので、どうなる事かと思いましたが、アンダーソン牧師が上手い事シドニーの後をつけて、洋品店に乗り込んでくれました。

 

そこからの闘いも面白かったですね。

 

アンダーソン牧師がまずはオグデンをぶっ飛ばして、カイルを助け出した後は、カイルが元々洋品店にいた町の住人の悪魔祓いをして、その後、揉み合いの中、メーガンの悪魔祓いをアンバーがしました。

 

このドラマでは、初回のジョシュア以来の激しい闘いでハラハラしました。

 

悪魔祓いの連続で、黒いヤツが2回も出て来ましたし、親子共演の悪魔祓いは見応え十分です。

 

前回までみんなにバカにされて、信用もなくして、ふさぎこんでいたアンダーソン牧師の活躍が光っていたのは嬉しいですね。

 

オグデン夫妻が逃げ出したっぽい事や、シドニーがまだ無事なのは気になるところですが。

 

アンダーソン牧師は、一連の騒動が片付いたあとも怒りが収まらず、シドニーへの復讐をする為に、ヤツがアジトとして利用していた家をガソリンをまいて燃やしてしまいます。

 

燃える家の窓から慌てる人影が見えたので、やってやったという顔をしていました。

 

戦果を持って、翌日パトリシアに会いに行くんですが、待っている時のタバコをふかす顔が自信に満ち溢れているのが印象的です。

この自信に満ち溢れた顔が、この後一瞬で曇っていくのはものすごい展開だなと思いました。

 

というのも、パトリシアは息子のアーロンが家に帰ってこないし、連絡もつかないから警察に行くと言います。

そして、話しているすぐ後ろをシドニーが平気な顔して車に乗って、アンダーソン牧師を一瞥して走り去って行くんです。

 

急激に曇っていくアンダーソン牧師の顔は忘れません。

 

アンダーソン牧師の思考としては、

シドニーの家を燃やしてやったぜ

窓にうつる慌てる人影も見た

ヤツを殺した!勝った!

アーロンが行方不明?

シドニーがピンピンしてる?!

あの人影は誰なんだ?

アーロンはシドニーの家に出入りしていた…

うそーーーん!!!!

 

という感じですよね。

 

まだ、アーロンが死んだかどうかは分からないんですが恐らくはやっちゃってますね。

 

アンダーソン牧師が神に祈る事になるでしょう。

可哀想です。

 

カイルはアンバーと町を出ようとするんですが、住人達から、なんだか不思議な視線を向けられて立ち尽くすというラストシーンでした。

 

カイル達はなんで、あんなに見つめられていたんでしょうね。

メーガンのその後とか、アンダーソン牧師の事とか、気になる事がたくあるので、早くシーズンシーズン2が観たいです。

 

レビュー俳句

「アンダーソン

                 喜怒哀楽が

                                 激しいね」

最終回は盛り上がったんですけど、シーズン1全てがシーズン2の伏線かプロローグみたいな感じだったので、残された謎が多すぎです。

 

 

消化不慮なので、ウォーキング・デットを観よう

広告を非表示にする