最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

映画「信長協奏曲」結末を一工夫して何とか続編を期待するなりけり

原作の漫画を読んでいるので、映画「信長協奏曲」を借りてみました。

 

ドラマ版は見てないですが、原作を知っているので何とか大丈夫だと思います。

 

映画「信長協奏曲」のあらすじ

戦国時代にタイムスリップした現代の高校生・サブローは、姿形から顔までそっくりな織田信長と入れ替わり、戦国大名になってしまいます。

 

はじめは戸惑っていましたが、その人柄と奔放な性格で周りから慕われ、知らず知らずのうちに歴史の中の織田信長と同じ功績を残していきました。

 

安土城を建設し、順風満帆のサブローの元に、同じようにタイムスリップして来た武将・松永久秀がやって来て、「織田信長はあと数年の内に死ぬ」と知らされたのです。

 

映画「信長協奏曲」の画像

 

はじめは信じなかったサブローですが、死を受け入れ、戦のない平和な世の中を作る事を目標とするようになり、仲間の武将達と共に天下統一へと動き出します。

 

ただ1人、サルと呼ばれる羽柴秀吉を除いて。

秀吉は、幼い頃に自分の村を信長の初陣で焼き払われた恨みを持っており、復讐の為に信長に近づいたのでした。

 

一方で、本物の織田信長である事を隠し、サブローの家臣となった明智光秀は、仲間や妻の帰蝶に慕われるサブローに嫉妬心を抱いていました。

 

普段は頭巾で顔を隠している光秀ですが、ふとした拍子に秀吉に顔を見られてしまい、本物の織田信長だという事がバレてしまいます。

 

映画「信長協奏曲」の画像

 

そして、光秀の嫉妬心を悟った秀吉は、光秀を利用しようと画策します。

 

時を同じくして本願寺が挙兵し、戦になった事を利用して、光秀を本願寺に当たらせるよう仕向け、光秀には本願寺に向かったと見せかけ安土城に戻り、サブローを討てと入れ知恵をしました。

 

戦をわざとこう着状態に持ち込み、本願寺から安土城へと戻る光秀でしたが、松永久秀によって光秀不在をバラされ、本願寺勢が攻勢に出てきたので、本願寺へと戻らざるをえませんでした。

 

それどころか、攻め込まれて劣勢に立たされてしまったのです。

 

その時、サブローは自分の命もかえりみず、自ら先陣を切り、援軍に駆けつけました。

 

映画「信長協奏曲」の画像

 

その姿を見て、嫉妬心など吹き飛んだ光秀は、サブローの忠実な家臣になる事を誓うのでした。

 

そして、サブローは仲間や帰蝶と生きていく事を決め、本能寺で帰蝶との結婚式をあげる事にします。

 

果たして、歴史通り本能寺でサブローは殺されてしまうのか?  と言ったお話です。

 

映画「信長協奏曲」の主なキャスト

小栗旬

柴咲コウ

向井理

山田孝之

藤ヶ谷太輔

 

 

映画「信長協奏曲」のレビュー

原作も当然そうですが、信長の人生を高校生がなぞると言うアイディアはやはり素晴らしいですね。

 

結果は見えていても、そこに至るまでの紆余曲折が見られるのは楽しかったです。

本能寺の変の解釈では、実はこうだったんじゃないかと言う話はたくさんありますけど、信長同士が対峙していたなんて解釈は漫画原作ならではですね。

 

山田孝之をはじめとした出演者の演技も素晴らしかったので、非常に楽しめました。

 

女性と一緒にDVDで観たんですが、その子も楽しかったと言っていたので人を選ばず楽しめる作品じゃないかと思います。

 

その女子は普段全く歴史ものとか観ない人で、着物とかちょんまげが映ると拒否反応を示し、途端に観る気がなくなるような人でした。

「大河、時代劇、水戸黄門、くそくらえ」が口癖の女子です。

 

今回試しに観てみたら「コレは大丈夫だった」と言っていたので、普段は歴史ものとか観ない人でも楽しめるなと思います。

 

理由は現代劇っぽいからと言ってました。

セリフも時代劇、時代劇していなくて、今の喋り方とほとんど同じでしたし、サブローの着物とかセットもなんかオシャレで、スマホとかも小道具として出てきたりして、違和感なく入り込めたとの事です。

 

それは僕も感じていて、変な感じじゃないオシャレさがあるなとは思ってました。

ストーリー自体も面白いんですが、絵づらが面白いと言うのも重要な要素だと改めて気づきました。

 

↓コレなんかほぼ現代劇ですよね。

映画「信長協奏曲」の画像

 

最近の漫画原作映画の不調ぶりからすれば、とても優秀な方だと思いますので、こういう作り方なら続編もどんどん作ってほしいです。

 

これでいったん終了なんですかね。

原作はまだ連載が続いているので、ラストでのサブローが現代に再びタイムスリップしてしまうというのは、映画オリジナルだと思うんですが、そこからの続編はもうないのでしょうか?

 

もう一回戦国時代にタイムスリップしても、本能寺の変以降は信長いないから無理ですかね。

 

レビュー俳句

「原作と

    一味違った

         良さがある」 

非常に良くできた作品だったと思います。

 

(C)石井あゆみ/小学館
(C)2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

 

原作はコチラ

広告を非表示にする