最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

アメリカの現実、映画「グランド・ジョー」 感動と切なさが半端ない

ニコラス・ケイジ主演で最高傑作との呼び声の高い映画「グランド・ジョー」をTSUTAYAで借りてみました。

なんとなく、ニコラス・ケイジが主演なら問題ないかなと思って手に取りました。

 

おすすめ映画3選

映画「クーデター」タイでは上映禁止になる程の恐ろしさ 

映画「クライム・ヒート」、ダークサイドに堕ちる覚悟はあるか? 

レヴェナント、実話よりリアリティあるんじゃない?それくらい凄い!

 

グランド・ジョーのあらすじ

アメリカ南部の貧困地域が舞台で、ニコラス・ケイジ演じるジョーが主人公です。

 

ジョーは、森林伐採業者の下請けで森の木々を伐採しやすいように木に毒を塗って枯らせる仕事をしています。

自らも現場で働きますが、管理者も兼ねていて、主に黒人の日雇い労働者を使いながら、作業を行っていました。

 

毎日真面目に働き、日雇い労働者や町の住人からも信頼され、静かな暮らしを送っていたある日、ゲイリーと言う少年に出会います。

 

ゲイリーは仕事を探していて、自分も雇ってほしいとジョーに頼みました。

ジョーはゲイリーの必死な姿にほだされ、仕事を与えることにします。

 

ゲイリーの家庭は飲んだくれの父親と病気の母親、喋れなくなってしまった妹の4人家族で、飲んだくれの父親は全く働こうとせず、ゲイリーが家族を養っていかなければならない状態となってしまっていたのです。

 

しかし、ゲイリーがいくら真面目に働いても、父親が酒のために金を巻き上げてしまい、家族は一向に貧困から抜け出せない負の連鎖が続いてしまいます。

 

一方、一緒に働き始めてから、ゲイリーとまるで親子のように心を通わせるようになったジョーは、飲んだくれのゲイリーの父親と衝突するようになっていきます。

 

果たして、ジョーはゲイリーを救えるのか? ゲイリーはこの生活から抜け出せるのか? といったお話です。

 

 

グランド・ジョーのレビュー

ニコラス・ケイジの最高傑作との呼び声の高い映画だけあって、とても面白かったです。

アメリカ南部の貧困地域の話なので、映画全体が暗い印象となっていますが、ジョーとゲイリーの交流は貧しい中の一筋の光明のような、すがすがしさがあって、感動を呼びます。

 

対照的にゲイリーの父親の荒くれた姿は、現実のアメリカ南部の貧困を象徴しているかのようで、心がざわつく感じがありました。

自分が平凡に生きていられる事に感謝すら覚えましたね。

 

少年と男の交流と言うことで、「パーフェクト・ワールド」や「グラン・トリノ」とちょっと似ているなと思いましたが、「グランド・ジョー」の方が、リアルで殺伐としていて、その中での交流となっているので、感動の度合いがより強かったように感じます。

 

すごい映画だなと思っていろいろと調べてみたら、日雇い労働者や警官など多くの役を素人の南部の人たちが演じていたらしく、なんと、ゲイリーの父親も実際にホームレスをやっていた人との事で驚きました。

 

もっと驚いたのが、その父親役の人は、映画の公開前にテキサスのホームレスキャンプで死体で発見されていたことです。

 

映画の最後で、ゲイリーの父親は橋から飛び降りて死んでしまうのですが、映画の中の出来事がリアルになるなんて、怖いし、ビックリです。

 

レビュー俳句

「アメリカの

     貧困問題

        ガチリアル」

感動と切なさが同居しているような映画でした。

 

ニコラス・ケイジ最新作はコチラ

www.taroshi.com

ニコラス・ケイジのサスペンス

www.taroshi.com

広告を非表示にする