読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

映画「アーロと少年」ピクサー好きじゃないと楽しめないかもね

TOP-洋画 TOP-アニメ&漫画

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」など、可愛くて泣ける映画のピクサーが手掛けた「アーロと少年」を借りてみました。

 

言葉の響きは「硝子の少年」とちょっと似てますね。

 

映画「アーロと少年」のあらすじ

地球に巨大隕石の衝突がなく、恐竜が絶滅せずに生き残っていたらと言う、もしもの世界での出来事です。

 

その世界では、恐竜が言葉や文化を有しており、人間は主に四足歩行で、言葉も持たない原始的な動物でした。

 

映画「アーロと少年」の画像

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

恐竜一家の末っ子として生まれたアーロは、兄のバックや姉のリビーに比べて体が小さく臆病なので、何かにつけてからかわれていましたが、父・ヘンリーと母・イダの優しさに包まれて、幸せに暮らしていました。

 

体も大きくなり、バックとリビーは家の手伝いをそつなくこなすようになっていましたが、アーロは失敗ばかりで、いつか父と母に認めてもらう事が夢でした。

 

ある日、家の食料庫の中が食い散らかされている事を知ったヘンリーは、アーロに食糧庫の見張りを頼みます。

 

罠を仕掛けて喰い散らかした動物をとらえ、仕留めるというのがアーロの役目です。 

しばらく待っていると、罠の方で物音がしたので行ってみると、人間の子供が罠にかかっていたのです。

 

しかし、罠の縄が子供の首に絡まり苦しそうにしているのを見たアーロは、縄をほどいて逃がしてしまいました。

 

そこへ、騒ぎを聞きつけたヘンリーが駆けつけると、アーロを引き連れて、子供を追いかけることになりました。

 

ヘンリーと子供を追いかけて山の中まで入っていくと、突然の嵐に見舞われてしまいます。

 

引き返そうとしましたが、背後に鉄砲水が迫ってきているのを知ったヘンリーは、アーロを崖の上に放り投げると、自分は押し流されて行ってしまいました。

 

父を失ったアーロは、何とか母を助けようと家の手伝いに精を出していると、食糧庫にあの子供がまた現れたので、追いかけて捕まえようとしますが、夢中になっているうちに川に落ちてしまい、そのまま気を失って流されていってしまいます。

 

気が付いた時には見知らぬ土地へとやってきており、あの子供もそばにいました。 

最初は子供を目の敵にしていたアーロですが、取ってきた木の実をもらったり、蛇を退治してもらったりしている内に子供と打ち解けて、スポットと言う名前を付けて友達になりました。

 

映画「アーロと少年」の画像

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

家へと帰る決意をしたアーロは、スポットと共に歩き始めます。

 

果たして、アーロは無事に家へと帰れるのか? と言ったお話です。

 

映画「アーロと少年」の吹替え版の主なキャスト 

安田成美(母・イダ)

八嶋智人(ナッシュ)

片桐はいり(ラムジー)

松重豊(ブッチ)

 

 

映画「アーロと少年」のレビュー

最近の映像技術はスゴイですね。

キャラクターがいなくて風景だけだったら、実写かCGが見分けがつかないくらい綺麗な映像でした。

 

あの風景だけのヒーリングDVDを出して欲しいくらいにじっくり観てしまいました。

 

キャラクターも相変わらず可愛くて、さすがピクサーだという感じに仕上がっていました。 

人間の子供のスポットはほとんど犬のような動きだったんですけど、体をブルブルッとした後に右足をトントントンッてするのがまた可愛いんですよ。

 

家でDVDで観ていたので、思わずマネしてちゃいました。(結構難しい)

 

 

映画「アーロと少年」の画像

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

顔も表情が豊かで愛らしかったです。 

 

トリケラトプスみたいなのが途中で出てくるんですけど、あれだけはなんか不気味で、背筋がざわざわするんですけど、それ以外はアーロも、悪いやつもいいキャラクターでした。 

 

ストーリーはと言うと、まあまあですかね。

 

言葉を介さないで絆が生まれる様を描いている訳ですが、それ自体は「人間と犬」とか、ほかの映画でもよくある設定ですし、人間と動物の立場が入れ替わっているだけで、インパクトは少なかったです。

 

子供は楽しめると思いますけど、大人でピクサーのファンじゃない人が観てもつまらない映画じゃないかなと感じました。

 

ピクサーのファンで、キャラクターとか動きとか、その愛らしさが好きな人じゃないと、100%は楽しめないと思います。

 

僕の友人にもアメリカのマンガの動きとか、くねくね感がダメな人もいるんで、そういう人は楽しめません。

 

「トイ・ストーリー」とか「モンスターズ・インク」の時は、全編CGとかそれ自体が珍しい時代でしたけど、今はそういった映画もたくさんあるので、キャラクターの良さとかだけじゃない何かを、また生み出して欲しいですね。

 

僕はピクサー好きなので、キャラクター観てるだけでも楽しめました。

 

レビュー俳句

「スポットの

    可愛い動き

        マネしたい」

ストーリーも楽しみたいので、これからのピクサーに期待したいですね。

 

やっぱりトイ・ストーリーだ!

広告を非表示にする