読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新!映画レンタル&上映中 個人的レビュー.com

映画が好きなので自分のアーカイブとしてまとめて行くので良かったらご覧あれ。 映画を中心に最近見たものをざっくばらんにレビューしてみようと思います。 【一人遊びが好きなので、映画・漫画・ゲーム・アプリ等とにかく全般】

MENU

100記事目です!NO 映画 NO LIFE

2016年1月にこのブログを始めてから、およそ半年で記念すべき100記事目です。 何を書こうか迷っていたんですが、サプライズが起きました。

門脇麦主演映画「二重生活」に注目する!の巻

(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ 「尾行を哲学する、全く新しい心理エンターテイメント」の映画「二重生活」に、最近気になる女優・門脇麦が主演しているので、ちょっと気になります。 門脇麦は演技力に定評もあり、最近話題なので観たい映画の一…

映画「白鯨との闘い」実話ゆえのもの悲しさがあります。

面白そうなパッケージだったので、クリス・ヘムズワース主演の映画「白鯨との闘い」を借りてみました。 巨大な鯨と闘うっていうのが、どんなモノか気になりますね。 しかも、実話らしいので驚きです。

映画「ヒメアノ~ル」森田剛の体当り演技は必見です!(ネタバレあり)

(C)2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会 予告編が面白くて気になっていた、映画「ヒメアノ〜ル」を観てきました。 久しぶりに森田剛を見たんですけど、かなり激しい映画にも関わらず、演じきっていて感心しました。

映画「闇金ウシジマくん Part2」キャスト以外は文句はありません。

原作の漫画が好きでPart1は観たんですけど、Part2はまだだった事を思い出して観てみました。 映画「闇金ウシジマくん Part2」です。

海外ドラマ「アウトキャスト」第一話のあらすじ・感想。ネタバレ若干

海外ドラマ「アウトキャスト」の第一話が無料先行配信されていたので、観てみる事にしました。 あのウォーキングデットの原作者が今度は何を仕掛けてきたのか、しっかりと見ようと思います。

映画「クライム・ヒート」、ダークサイドに堕ちる覚悟はあるか?

トム・ハーディ主演のサスペンス「クライム・ヒート」を借りてみました。 レヴェナントを見てからトム・ハーディもお気に入りの俳優になったので、遅まきながら観てみたいと思います。

映画「金メダル男」主題歌はまだ未定だけど、小説にもなってるよ

内村光良監督作品の3作目「金メダル男」が、なんだかとても面白そうなので今から楽しみです。 元ネタは、ウッチャンの一人舞台「東京オリンピック生まれの男」と言うお芝居で、それを映画化した作品です。

「内村さまぁ~ず」の映画はDVDかレンタルでもいいから観てみて。

番組としても大好きな「内村さまぁ〜ず」が映画になったので、劇場では観れなかったですけどレンタルしてみました。 「内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル」はアドリブ満載らしいので、楽しみです。

漫画「僕だけがいない街」映画化もされたし、個人的には評価も上々。

実写映画化もされた有名作品ですが、まだ読んだ事なかったので「僕だけがいない街」を読んでみました。 「全国3000書店員と選んだコレ読んで漫画ランキング」と言う、なんだか凄いのか、凄くないのかよく分からないランキングで1位をとってます。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」ストーリーはあれですけど、最後に感謝が待っています。

奇妙な予告編を見て気になっていた。「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。 とびっきりの美人でもなく、かと言ってブスでもなく、なんとなく気になるタイプで普通感が満載の黒木華が主演です。

映画「任侠野郎」予告の殺陣は蛭子さんとは思えないほどの仕上がり。

©2016『任侠野郎』製作委員会 またまた興味深い作品を見つけてしまいました。映画「任侠野郎」です。 タイトルは昔のヤクザ映画のようですが、主演はなんと、あのおとぼけタレント・蛭子能収なんです。

映画「雨女」公開日は6月4日から4DX限定。新しい映画の形になるぞ!

(C)2016「雨女」製作委員会 とても興味深い作品を見つけました。その名も映画「雨女」です。 「呪怨」や「輪廻」などを手がけて、ジャパニーズホラーの代表と言っても過言ではない清水崇監督の最新作なんです。

レビュー作品一覧

レビューした作品数も結構な数になって来たので、このブログを訪れてくださった人にわかりやすいようにレビュー作品一覧を作成しています。 洋画も邦画も全部混ぜて、あいうえお順になってます。ご活用くださいまし。

映画「ワイルドカード」評価はまあまあです。カジノのシーンは悔しいです!

大好きなアクション映画を観るぜ、と思ってTSUTAYAに走りました。 そして借りたのが映画「ワイルドカード」です。 ジェイソン・ステイサムの映画でもみて、強くなった気になろうと思います。

映画「ブラックハット」見どころはマイケル・マン監督らしい銃撃戦のシーン!

サスペンス系が観たかったので、映画「ブラックハット」を借りてみました。 出ている人はクリス・ヘムズワース位しか知らないですけど、マイケル・マン監督なので大丈夫だと思います。

映画イニシャルDの新劇場版Legend1の主題歌はどうかと思うよ。

アニメ映画「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend 1 -覚醒-」を借りてみました。 原作も超有名で、アニメ化も何回もされてますけど、新劇場版という事で改めて観てみました。

「アリのままでいたい」DVD観ました。ナレーションはちょっとアレですけども

公開している時から気になっていた「アリのままでいたい」を借りてみました。 カブトムシとクワガタは男の憧れですから、パッケージデザインも凄く良いです。

漫画「マンホール」結末もあっさり、巻数も3巻。読み易い!

サスペンス系の考えるマンガでも読みたいなと思っていたので、バイオ・ホラー作品の「マンホール」を読んでみました。 3巻で完結しているので、サクッと読んでみようと思います。

映画「エベレスト」実話を元にしてるだけあって、実に怖い・・・

実話を題材にした映画「エベレスト」を借りてみました。 最近ちょっと注目してるジェイク・ギレンホールが出ていたので楽しみです。

ジャッキー、もっとアクションしようよ!僕等はそれを待っている

なんだか、気分が落ちるときってありますよね。 そんな時は、ジャッキー映画を観るのが一番の薬です。爽快なジャッキーアクションを見て気分を一新するんです。

デスノートの新作タイトルが「デスノート Light up the NEW world」に決定!

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS デスノート2016の正式タイトルが「デスノート Light up the NEW world」に決まったみたいですね。 ポスターもかっこよく仕上がっていて期待感を煽りますね。

映画「タイム・トゥ・ラン」名優ロバート・デ・ニーロが凄い!

ロバート・デ・ニーロ出演の「タイム・トゥ・ラン」を借りてみました。 あまり有名な映画でもなく、日本でも全国では公開されていなかったので、なんとなく危険な香りがしますが、ロバート・デ・ニーロなので大丈夫と言い聞かせて観る事にします。

ノーマン・リーダス主演映画「AIR/エアー」は悲しい程につまらん!

「ウォーキング・デッド」でお馴染みのノーマン・リーダスが主演をしているという事で、気になった「AIR/エアー」を借りてみました。 プロデューサーのロバート・カークマンと言う人も「ウォーキング・デッド」に関わっていたらしいので、どんな映画なの…

カイジの名言は、いつになっても僕の心を折りまくるのです

ふと読みたくなって、カイジを最初から読み返す事にしました。 「ざわざわ」したいと思います。

小栗旬主演で映画化「ミュージアム」、カエル男はだ~れ?

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会 本格サスペンス漫画「ミュージアム」が小栗旬の主演で実写映画化されます。 原作はとても面白いのですが、結構グロいし残酷なので、どんな映画になるのか楽しみな作品ですね。

漫画「ミュージアム」ネタバレしてますけど、良かったらどうぞ

「超戦慄猟奇サスペンスホラー」と言うキャッチコピーの漫画「ミュージアム」がとても面白いと評判なので読んでみました。

映画「ヴィジット」はネタバレ見ずに、自分で解け!分かり易い伏線あるよ

M・ナイト・シャマランが8年ぶりにスリラー映画に帰ってきたと言うので、映画「ヴィジット」を観てみることにしました。

映画「サバイバー」強すぎる外交官とドジな暗殺者の巻!

ミラ・ジョボビッチとピアース・ブロスナンのパッケージに惹かれて、「サバイバー」をTSUTAYAで借りてみました。 バイオハザード以外のミラ・ジョボビッチは久しぶりなので楽しみです。

沈黙し過ぎたセガールの「沈黙のSHINGEKI/進撃」

スティーヴン・セガールのサスペンスアクション「沈黙のSHINGEKI/進撃」を借りてみました。 セガールアクションを観るのは久しぶりなので、楽しみです。

夏休み映画「野生のなまはげ」の主演はもちろん「なまはげ」です

(C)「野生のなまはげ」製作委員会 とんでもない映画を見つけました。なまはげが主演を務める前代未聞の映画「野生のなまはげ」です。 ファンタジックコメディと言うジャンルで、笑いあり、感動ありの物語となっているらしいです。

ジェイソン・ボーンの新作映画が公開!帰ってきたマッド・デイモン!

(C) Universal Pictures ジェイソン・ボーンが帰ってきます。マッド・デイモンの代表作である、ボーンシリーズの最新作「ジェイソン・ボーン」(原題)が2016年10月に公開されます。 僕もこのシリーズは大好きなので、本当に待ってました。

映画「シン・ゴジラ」公式サイトを見よ!キャストが全部出ているぞ!

(c)2016 TOHO CO., LTD. 12年ぶりの新作となる「シン・ゴジラ」が7月に公開されます。なんだか怖いポスターなので楽しみですね。

よくある性格診断を利用して、映画デートを成功に導くべし!

映画デートは定番なだけにミスは許されない。 初デートに使う場合も多いと思うので、なおさらNGな行動は避けたいところです。

映画「秘密 THE TOP SECRET」キャストに注目!オリジナルキャラはあの人

(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会 「死者の記憶を覗き見る勇気はあるか?」と言うキャッチコピーがすでに面白そうな映画「秘密 THE TOP SECRET」。 是非、観たいのでちょこっと調べてみました。

アメリカの現実、映画「グランド・ジョー」 感動と切なさが半端ない

ニコラス・ケイジ主演で最高傑作との呼び声の高い映画「グランド・ジョー」をTSUTAYAで借りてみました。 なんとなく、ニコラス・ケイジが主演なら問題ないかなと思って手に取りました。

柴咲コウの溢れる魅力全開! 舞妓Haaan!レビュー

懐かしの映画「舞妓Haaaan!」を借りてみました。阿部サダヲのはっちゃけた演技とクドカンのコラボレーション映画です。 柴咲コウも若くて可愛いです。

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー、あれのパクりじゃないよ

久しぶりにコメディでも見てみるかと思い立って「ナイト・ビフォア 俺たちのメリー・ハングオーバー」をTSUTAYAで借りてみました。ハングオーバーとは関係なさそうですが、酔っ払って何か珍道中でもするのでしょうか。

レヴェナント、実話よりリアリティあるんじゃない?それくらい凄い!

レオナルド・ディカプリオが悲願のアカデミー賞を受賞した「レヴェナント 蘇りし者」を観ました。 たまたま飛行機に乗る機会があったので、そこで日本の公開より前に観れました。

大泉洋の魅力がたっぷり、グッモーエビアン

大泉洋が出ているので、レンタルしてみました。大泉洋がお調子者で元バンドマンの役ときたら、何となく楽しそうな雰囲気がしますよね。

ヒロインをもう少し考えたほうが良かったね。

最後に大ドンデン返しが待っているというマインドファックムービー「ピエロがお前を嘲笑う」をTSUTAYAで借りてみました。 邦題が何となく面白そうな予感を誘いますね。

「ビリギャル」面白いけど、ちょっと物申す!

ビリギャルをTSUTAYAで借りました。根強い人気の秘密を探ろうと思います。 何かを訴えかけてくる表紙が印象的ですね。

映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」は公開日を延期しても死んでない。

クドカンの映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」がはじけてて楽しそうなので、公開されたら劇場と言う名の「ライブ」に行くぜ!

レンタルの延滞料金たまってませんか? → 延滞やめますか? それとも人間やめますか?

レンタルビデオを借りたまま、14年間返却しなかった男性がアメリカのノースカロライナ州で逮捕されるというニュースを見ました。

フルスロットルで駆け抜けた名優の思い出

とってもカッコイイパッケージの映画「フルスロットル」を借りてみる事にしました。 2013年に交通事故で亡くなったポール・ウォーカーの主演作なので、心して観ることにします。

「貞子vs伽椰子」あらすじなんかどうでも良い、戦いを事前予想!

(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会 恐怖の対決が実現します。あの貞子と伽倻子がなんと戦うと言うのだから観ないわけにはいきませんよね。 世紀の対決を制するのはどちらなのか!?

「アウトキャスト」ウォーキング・デットの製作陣がまたまた怖いドラマ作ったよ

あの「ウォーキング・デット」の製作陣が新しいドラマを作ったみたいです。 「ウォーキング・デッド」好きの僕にはかなり嬉しいニュースでした。

エイプリルフールには映画「エイプリルフールズ」 ひねりなし!そのままです

エイプリルフールが近づいてきたので、その名も「エイプリルフールズ」を借りてみました。 出演者が豪華なので、楽しみです。

「ジュラシックニューワールド」ってあの映画のドラマ版かしら?

TSUTAYAの新作ドラマコーナーで「ジュラシックニューワールド」なるものを発見したので、ワクワクして借りてみました。

「ヒメアノ~ル」の主演は森田剛!誰が何と言っても森田剛なのです!

(C)2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会 「稲中卓球部」で有名な古谷実の漫画が原作の映画「ヒメアノ〜ル」の予告編がすごく面白そうに出来てたので調べてみました。